どんな投資が一番良いの?みんなが思う投資に関する素朴な疑問に応えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自信をもって投資しよう

現在、国を始めとして広く叫ばれているものの1つに投資があります。
独学で儲けるには地道な努力が…行き詰まる前にFXセミナーを受けてみよう
金融投資のあれこれの中では、特に初めて行う場合には投資疑問に関する内容が最も多く、金融投資種類、一番投資がしやすい方法、貯蓄お金との比較、金利金融と銀行格付け、投資信託方法、商品の購入タイミング、投資メリットデメリットなど、様々な内容が分からないとの声があります。

まずは投資の種類を理解しよう

投資は、一般的には資産運用の1つとなり、その多くは金融投資によって行われています。 家計の足しに主婦でもできる、FXでお小遣い稼ぎ

投資の種類

投資の種類

古典的な方法としては、土地や金などの現物を直接購入をして、売却をすることで利益を狙う現物投資もありますが、管理や保管に気を遣うこともあり、比率としては少ない割合となっています。

初めての人が抱く疑問の1つに、はたして投資で利益を得ることができるのかという内容があります。
ここでは、まず、2つの種類を理解する必要があり、内容としてはインカムゲインとキャピタルゲインがあります。
それぞれの言葉は不動産投資や株取引に良く用いられており、インカムゲインとは、資産を保有することで安定的・定期的に得られる利益のことを指します。
特徴としては利益が小さくなりことと、その発生が商品の所有中に得られることがあります。
一方キャピタルゲインは商品の売買時に利益が発生し、安定性は劣るものの、大きな収益に結びつく可能性が高いことがあります。

投資で得られる利益の種類を知っておこう

2つめに理解が必要となるもとしては、リターン、つまり利益の種類を理解することがあり、投資においては商品によって、ローリスク・ローリターン、ミドルリスク・ミドルリターン、ハイリスク・ハイリターンがあります。
例えば、ローリスク・ローリターンは投資危険度は低いものの得られる収益が小さい商品が該当し、預金、国債、外貨預金などを上げることができます。
ハイリスク・ハイリターンでは先物取引やFXが代表的な商品になり、FXなどではレバレッジを掛けることでより大きな利益を目指すことができます。
ただし、予想に反すれば大きな損失を被ることになります。

自分にあった投資商品を見つけることが大切です

投資では、お金という資産を運用することで収益を上げることを意味し、つまり、ここでは、お金に働いてもらうことを指します。
知っておきたいことは、一般の人が日常的に行っている貯蓄も投資の1形態であるということです。現在においては金利が低いことから超ローリターンとなるものの、リスクはほとんどなく、あるとすれば銀行破綻のケースのみとなります。
投資を始める場合の鉄則は、まず、確実に儲かるという保証は無く、うまい儲け話などには騙されないことがあります。
次に、仕組み等、必ず自分が理解できる商品を投資対象に選ぶことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。