絶対に失敗しない投資のために、金融機関と上手に付合う秘訣を知りたい方へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

金融投資のあれこれで初心者が陥りがちなパターンが、日常生活用の普通口座を持っている金融機関の窓口で投資方法相談をしてしまうことです。
独学で儲けるには地道な努力が…行き詰まる前にFXセミナーを受けてみよう
確かに、資産活用の金融機関としての銀行の宣伝広告が増えてきましたが、日常生活でよく足を運ぶ金融機関関係は資産運用のプロではなく、あくまで金融商品の販売を行っているだけにすぎません。

銀行と証券会社の口座を賢く使い分けよう

たとえば、投資信託において実際に運用を担当しているのは別の金融投資金融機関であり、銀行の窓口で相談に乗ってくれる行員はその詳しい内容までは知らないケースが多いです。 あなたの身近な人はもうFXを活用してるかも

銀行と証券会社

銀行と証券会社

窓口の行員にとっては、自分に課せられている販売ノルマをこなすことが最優先であり、投資運用を始めたいがおすすめの金融商品はあるのかという質問はまさに絶好のチャンスとなっています。
真剣に投資成功を目指すのならば、自分で判断したくないから投資銀行を活用するという状況を脱して、儲ける投資方法を自ら勉強していかなければいけません。

金融機関で失敗しない秘訣としては、日常生活の振込や支払では銀行の普通口座を利用しつつも、投資運用としては証券会社などの金融投資専門の金融機関の口座を利用するという使い分けです。
特に、証券会社では株式投資が上手になるための道が開けるので、金融商品が限られている銀行だけに頼るよりも、格段に選択肢が増加します。
まとまった資金があるのならば、同じ窓口での投資方法を相談するよりも、より専門知識がある証券会社のスタッフから色々な話を聞いた方が、自分の投資判断に大いに役立ちます。

情報収集が投資成功の鍵になる

投資信託の種類においても、銀行と証券会社では取り扱っている数が段違いであり、自分が許容できるリスクと予算に見合った豊富なラインナップの中から自由に選べる環境です。
長期的な投資成功とは、自己責任による適切な判断の積み重ねに他ならず、そのために必要な情報を集めていく姿勢が求められます。
金融機関と上手に付合う秘訣は、その金融機関の特徴に見合った対応を行い、口座の使い分けを適切に行うことです。
1つの金融機関だけに依存していない状況ならば、余剰資金の一部を資産活用の金融機関に振り分けて、その範囲内で積極的な投資運用を行うといった柔軟な対応ができます。
元本保証がされていない金融商品において、自己責任でリスク管理ができてこそ、初めて投資成功の可能性が生まれます。
証券会社に口座開設をして、株式投資上手となれば、銀行の投資信託より高度な投資運用を実現することが可能です。

まとめ

 資産を投資して成功するためには、証券会社の口座や情報を上手に活用し、自己責任でリスクを管理できるように情報収集を怠らないようにしましょう。証券会社でも様々な種類の商品を扱っているので、一人に限らず、色んなスタッフから話を聞くことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。